大抵のものは互換ソフトが落ちている!

Pocket

昨日、Macの記事を書きました。

Macを使っていると気分が違います!w

普段Windowsパソコンを使っていたのでMacだと雰囲気が違うのでウキウキするのでしょうね。

Windowsを使っていると、Macで使えないソフトがあるからWindowsしか使えない。

そんな声を聞くと思います。

確かに使えないソフトがあるんでしょう。

しかし、

今のご時世、互換ソフトがないことは少ないのではないでしょうか?

専門的な分野ならわかりますが、僕のような人間には全くそんなことはないです。

 

電気設備図面でもMacでソフトを使えるか?

以前書いたCADソフトについての記事でも書いています。

電気設備の図面を書くときにCADソフトを使います。

AutoCADならMacでも対応していますが、基本的にWindowsで使うんでしょうね。

「AutoCAD for Mac 」と製品名になっているので特殊なんでしょうね。

 

月々7,560円から選択でき、1年契約で50,000円になるようです。

サブスクリプション契約しかないから毎月にお金を払わなければならないですからね・・・

買い切りならOSが対応しなくなるまで使い倒しますけど・・・

大企業で大量の図面を保管する場合、元データを保管しておくはずです。

元データがAutoCADなら多くの人が互換ソフトを使ったとしても、母艦としてAutoCADの契約は残しておくでしょうね。

互換ソフトでズレが生じたときになぜズレが生じたのかを判断できないですし。

 

そもそもMac互換ソフトの数が少ないのかな・・・

Macを使う方よりWindowsを使っている方のほうが多いのでそうなんでしょうね。

Mac用の互換ソフトで「DraftSight」が有名のようです。

今度試してみます。

説明を見ると、ほぼAutoCADのようですww

AutoCADを使っていた私なら使い勝手が変わらなくて時間短縮に繋がるかもしれません。

 

Windowsなら互換ソフトは選びやすい

JWCADが無料であり使いやすいのか、使っている人が多いという話は聞きます。

このソフトはWindows用のソフトです。

Macでは使えないと思っていましたが、検索してみてびっくりしました。

このソフトにも「for Mac」があるんですね。

知らなかった。。。

後でインストールしてみよう!

Windows用のソフトの方がニーズがあるんですかね。

普通に考えてパソコンシェアはWindows用の方が多いですもんね。

 

新たなソフトを使うのに手間取る?

今から他のソフトを覚えるのは時間がかかるのかもしれません。

インターネットにてGoogle先生に質問すれば大抵のことは回答してくれます。

「ソフト名、コピー、図形」

などのようにやりたいことを検索すれば操作方法がわかります。

・DraftSight

・JWCAD for Mac

上で紹介した2つのCADでも操作方法を説明するウェブサイトがありました。

これで私が無料でCADソフトを使用できます。

そもそも無料縛りで探していた訳ではないのですが・・・

 

どうしてもAutoCADを使う必要がある!

必要な時だけの契約もできるからどうしてもAutoCADを使わなければならない時は一月のサブスクリプション契約してしまえばそれで皆生えつしそうですね。

どんなときにAutoCADを使わなければならないのでしょう?

ファイルの拡張子は「.dwg」で保存されます。

「.dwg」でファイルをやりとりすることができるソフトは互換ソフトのようにいくらでもあります。

相手先から指定されたときや互換ソフトを使っていてズレが生じることがわかるとき、相手やパートナーのパソコンが微妙に合わないことがあるときになら使ってあげる必要があるのでしょうかね。

 

まとめ

CADソフトの例を出しましたが、プログラムコードを用いてアプリをサクッと作っちゃう方がいくらでもいるんですね。

プログラムとか全くわからないので頭が働きません。

ソフトを作ってくれる方のおかげで私たちがより良い環境で仕事やお遊びなどシステムを使えます。

本当にありがたいことです。

一般的に考えられることなら使い勝手が良いソフトを見つけることができるでしょう。

無くても掲示板などで作って!とお願いしたら作ってくれるんじゃない?と思うくらいです。。w

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください