外壁塗装するとき時間を節約する方法

海岸線のお家なら、外壁が海風によって吹き付けるので塗装しても5年ほどで色が落ちてきます。

街中の家でも雨や風によって傷んできます。

一般的には新築から10年程度での塗装工事が普通のようです。

新築から5年ほどで塗装替えなら、工事屋さんを少し疑った方が・・・

海岸線のお宅なら5年でもしょうがないでしょう・・・

 

目次

なぜ10年程度なのか?

一般的にはウレタン塗装が7年、シリコン塗装が12年、フッ素塗装が15年と、塗料メーカーで推奨耐用年数が出ています。

これは目安になるものですが、15年塗り替えしなければそれがすぐに建物に影響することは少ないと思います。

塗装するときに塗装屋さんだけで作業をするわけではないことを理解していますか?

塗装工事なんだから塗装だけでしょ!

違います。

あなたの家の外壁を見てください。

電力メーターやテレビのアンテナ、配管類が外壁に取り付いていませんか?

電力メーターは引き込みポールを設置して、外壁にはメーターを付けない家もあります。

反対に地上デジタル放送になり、機器も進化してきて、テレビのアンテナは壁面に平面のアンテナが付いている家が多くなってきています。

今までは屋根の上に付いているのが一般的でしたが、地上アナログ放送の少しのことでノイズが発生する電波から地上デジタル放送の障害に強い電波に変わったことが大きい理由です。

電気工事屋さんの出番です。

 

外壁塗装や外壁を改修するときに、家に居ながら作業してもらう方法を知りましょう

塗り替えや改修するときでもあなたはアパートなんて借りないですよね。

家に居ながら作業進めてもらうにはあなたどうしたら良いでしょうか?

塗装屋さんが作業を始める前に、電気工事屋さんが配管類や機器を浮かせます。

取り外せば良いですか?

そうしたら使えなくなりますね。

上手いこと改修の邪魔にならないように切り回しするので一瞬止めることはあるかもしれませんが工事が終わるまで問題なく生活できます。

家主さんが気にしないように終わらせるのが良い工事屋さんでしょう。

もちろん、クレームももらわないように人間かんけも築くでしょう。

以前、笑い話で聞いたことです。

お金の問題で塗装を後でやるつもりでとりあえず外壁塗らないで入居しました。

1、2ヶ月の期間後に外壁を塗装してもらおうと思ったら、お金が合わない??

塗装工事のお金だけを見ていたら、機器類や配管類を浮かせたりするお金を見ていなかった・・・

しかもどうしたら良いかわからない・・・

換気扇のフードも深型だし、それの処理が困ってる。とのキツイお話を聞きました。

予想以上に手間と時間、お金がかかっちゃったようでしたが、上手くまとまってよかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください